· 

SEOライティングで成功するために必要な知識

近年SEO対策において、SEOライティングの重要度は日に日に増しています。「記事(コンテンツ)は王様」というほど、ライターの記事の良し悪しで検索順位が大きく決まります。そこで、今回はSEOライティングをするに当たっての必要な知識をご紹介します。

基本的なHTML文法は覚えておく

CSSやプログラミング言語を覚える必要はまったくありません。しかし、文章を構成するに必要なHTMLの文法は覚えておく必要があります。例えばHPの顔となるタイトルタグの効果と意味。記事のタイトルに付けるh1タグ。見出しに付けるh2タグ、h3タグなどは、必要不可欠。また、要約文となるメタディスクリプションの文字数や意味なども知っておくといいでしょう。

ワードプレスの「投稿画面」の使用方法

昨今SEOライティングを請け負う場合は、そのほとんどはクライアントのワードプレスの投稿画面に直接書くことになります。一昔前まではWordやtextに文章を書くだけでしたので、それと比べると、ライターは一苦労させられるようになったと言えます。

 

そのため、投稿画面の見方や使用方法は最低限覚えておく必要があります。本文を書くスペースはクラシックエディターならばそれほど困ることはありませんが、近年ワードプレスのバージョンアップにより、ブロックエディターが普及をはじめています。こちらも使い方は覚えておかなければ、記事を書く以外で余計な手間と時間を食ってしまいます。

キーワードの検索方法

SEOライティングとは、SEO対策のための記事です。そのため、ユニーク(オリジナル)であれば、なんでもいいというわけではありません。ユニークかつ、目的となるキーワードが埋め込まれていなければなりません。クライアントが記事作成のキーワードを指定してくることもありますが、SEOライターとして活躍するためには、自分でキーワードを選定する必要もあります。キーワードの選定はグーグルコンソールやグーグルアドワーズ、キーワードツールによって検索ボリュームを鑑みて決定します。その使い方や選び方は、必ず知識として覚えておきましょう。

キーワードを記事に散らすだけの時代は終わった

私が駆けだしのころ(2007年頃)は、「記事中にキーワードを12個入れてくれ」といった風に、キーワードを文中に散らすだけが普通でしたが、年々グーグルも賢くなってきているため、キーワードをむやみに入れ込む時代は終わりを迎えました。タイトルやh1タグに1つ入れて、記事中にはほとんどいれなくとも検索順位は上がってくる、と確信している専門家もいます。SEOライティングを成功させるためには、まずは下記知識を蓄えておくといいでしょう。