· 

SEOを意識した記事作成。注意点を紹介

SEOを意識した記事を作成する場合、どんなことに注意すればいいのでしょうか。普通の記事とは違う、webライティング独自のルールのようなものがあるので、SEO記事作成を行う前に、一通り覚えておきましょう。

SEO記事作成の注意点① 見出しと小見出しの順番を守る

webライティングを行う場合は、記事中に複数の見出しを付けるのが一般的ですね。この見出しはh tagと呼ばれるもので、文章中に使うh tagは一般的にh2とh3となります(場合によってはh4)。このルールを無視して、「デザインがh3の方が好き」といった安易な理由でh3を使ったあとにh2を使ってはいけません。必ずh2→h3の順番を守りましょう。

SEO記事作成の注意点② キーワードよりも誤字脱字をなくす

何百という記事を書いていると、1つの記事にかける時間は少なくしたいところです。しかし、出来上がった記事を読み返さずに公開してしまうと、「この記事誤字脱字ばかりじゃん」とサイトの信頼を消費者から勝ち取ることはできません。文章中にキーワードを入れることは確かに大事ですが、それ以上に記事として、文章としてしっかりと成立して、他人に見せられるような記事を公開してください。それがサイトの評価の向上にもつながるはずです。

SEO記事作成の注意点③ 基本情報とオリジナルの情報を混ぜる

SEO記事を作成する際、ほとんどの人はインターネットで情報を調べて記事にするはずです。しかし、これは誰でも書くことができますので、競合サイトも同じようなやり方で似た記事を投稿しているはずです。そこで差別化を図るためには、自分のサイトでしか読むことができないオリジナルの記事を盛り込むことが重要です。ただし、読者は最低限の基本情報も知りたいはずなので、すべてオリジナルの情報にするよりは、基本情報を3割、オリジナルの情報を7割くらいの比率で書くのが理想です。

SEO記事作成の注意点④ 更新頻度を守る

自己満足である雑記ブログであれば、記事をいつ公開するかといった更新頻度は特に気にする必要はありません。しかし、読者を増やして収益化を目指すのであれば、更新頻度は必ず守る必要があります。例えば月曜・水曜・金曜の週3日に更新するならば、事前にたくさん記事を書いて、設定で記事の公開日時を予約しておくといいでしょう。Googleのドメインパワーはサイトの更新頻度も気にするため、100記事を同じ日に公開するよりも、1日1記事100日連続して公開する方がSEOでも有利となります。

SEO記事は「王様」。根気よく続けよう

SEO記事(コンテンツ)はサイトを構築する上での「王様」と呼ばれています。つまり、一番大事な存在となります。そのため、惰性にならずに、1つ1つしっかりと書き込むと同時に、根気よく長く続けることが大切です。