· 

seo対策で初心者がまずやるべきこと

seo対策の初心者がまず最初にやるべきことはなんでしょうか。最低限このseo対策だけやっておけば、検索順位は問題なく上がる!というものだけをご紹介します。特に難しいことはないので、初心者でも簡単にできるのがポイントです。

SEO対策で初心者でもできる需要なポイントを押さえる

SEO対策とは、結局は「良質なコンテンツを作り」、「Googleに適切な評価を受ける」。この2つの繰り返しとなります。ただしGoogleは人ではなく機械のため、良質なコンテンツを適切に評価してもらうためには、ある程度の技術が必要となり、それをSEO対策と呼びます。

見出しのタグだけで検索順位は問題なく上がる

見出しタグといえば、タイトルタグ、h1タグ、h2タグなどがありますね。正直言うと、この3つのタグさえ記事の中で使っていれば、遅かれ早かれ確実に検索順位は上がっていきます。特にGoogleが重要視しているのはタイトルタグとh1タグの2つなので、これだけは確実にキーワードを含めるようにしましょう。

写真は500文字に1枚程度で十分

写真は多ければ多いほどいい、という人もいますね。Googleも写真があることは検索順位に優位に働くことは明言しています。しかし、その枚数などは明言していませんね。私の10年以上seoライティングをしていた経験からすると、500文字に1枚もあれば十分です。1つの記事が500~600文字程度で構成されているのであれば、トップ写真だけでも検索順位は問題なく上がるということです。

h2の見出しは3個以上つける

これも記事を書く上で覚えておきたいところ。どんなに短い記事であっても、h2の見出しタグを3つ付けてください。h2自体にどれほどのseo対策の効果があるかは分かりませんが、Googleアルゴリズムが記事の構造を判断するうえで、見出しタグの数は重要となります。なぜ3個かというと、1記事h2タグ3つの記事を2年間更新していたら、特定のキーワードで検索順位1位をとることができたからです。

初心者がやるべき内部seo対策

上記の見出しタグは記事を作る際に設定します。では、システム内部のseo対策は、初心者は何をすればいいのでしょうか。システム的なseo対策は、実はそれほどこだわる必要がありません。というのも、会社のHPのような小さなサイトであれば、それほど実施しなければならないseo対策というのはないからです。しっかりと内部構造を組んで、seo対策をする必要があるのは、数百、数千というキーワードで検索順位を狙い、数万、数十万というページ数を更新しているサイトに限ります。