· 

SEOライティングとは。仕事概要を紹介

SEOライティングとは、ウェブサイトの検索順位を上位に表示させるためのデジタルマーケティングの1つです。昨今はグーグルも「コンテンツは検索順位を決める最も重要な要素」と認めるほど。今回はSEOライティングとは、仕事の内情をご紹介します。

SEOライティングとはデジタルマーケティングの1種

SEOライティングとは、デジタルマーケティングの1つに数えられます。デジタルマーケティングとは、ネット上のオウンドメディア(HPやSNSなど)を大きく成長させ、知名度を上げる対策を指します。例えば自分の企業HPのデジタルマーケティングをしたければ、フェイスブックやツイッターで会社の告知をしたり、メーカーであればインスタグラムに商品PRをしたり、これらもすべてデジタルマーケティング。

 

そしてSEOライティングもデジタルマーケティングの1つとなります。

SEOライティングとは、検索順位を上げる最も優れた手法

SEOライティングとは、検索順位を上げる最も優れた手法と言うことができます。検索順位を上げるためには、先ほどのデジタルマーケティングを駆使して認知度を上げたり、バックリンクと呼ばれる被リンクの数を増やしたり、内部SEOと呼ばれるシステム的な操作をするのが一般的。

 

しかし、SEOライティング、つまり記事を書くことは、そのどれよりも効果がある優れた手法となります。

SEOライティングと普通のライティングは何が違う?

SEOとは検索順位の最適化。これはグーグルアルゴリズムが決定します。その対策のための記事の作成&更新。これがSEOライティングの醍醐味となります。通常のライティングとは下記の点で異なります。

  1. キーワードを選定し、記事中に盛り込む
  2. タイトル、見出し、小見出しと、ウェブサイト特有の『タグ付け』が必要(HTML文法)
  3. 書いた記事がどのように表示されるのか、またどのように検索されるのかを考える必要がある
  4. 親記事と子記事の概念がある
  5. 場合により関連記事の内部リンクを付ける必要がある

SEOライティングの注意点もある

SEOライティングの記事内容は、直接グーグルの検索順位に関係してきます。そのため効果は絶大なものの、言い換えれば、低品質・低評価の記事は、サイトの評価そのものを下げ、検索順位を下げる直接の要因となります。一度下がると、なかなか巻き返すのには時間がかかるため、大きなサイトほど失敗は許されません。SEOライティングで低品質・低評価とみなされる記事は下記のような条件となります。

  1. コピペの割合が多い
  2. 誤字脱字が多い
  3. キーワードを何個も盛り込みすぎている
  4. 不自然・違和感を覚える文章
  5. 文法が明らかにおかしい
  6. ネットで探せばたくさん見つかるような中身の薄い記事
  7. 違法性のある記事内容

SEOライティングとはウェブサイトの発展で最も投資すべきマーケティング手段

内部SEOを何か月もかけて修正を続けたり、SEOコンサルタントに依頼して、中身の伴わない分析に多額のお金をつぎ込むよりも、プロのSEOライティングに記事を依頼して、毎月できるだけ多くの記事を書いてもらう方が、よほど検索順位に効果があります。プロのSEOライターであれば、自分でキーワードの選定や検索ボリュームを調べることができますし、HTML文法も知っていますので、SEOコンサルタントに依頼する必要もありません。