· 

seoライティングを会社に依頼するのは間違っている理由

SEOライティングを外部に依頼したい場合、方法は「会社(企業)へ依頼する」か、「個人へ依頼する」かとなります。今回は、SEOライティングは会社ではなく個人に頼んだ方がおすすめの理由をご紹介します。

昨今溢れるほど多いSEO記事作成代行業者

SEOライティングを請け負う業者は、「SEO記事作成代行業者」などと呼ばれています。一部でSEOコンサルタントも請け負っていますが、彼らの本業は分析となるので、仮にSEOライティングの依頼が来ても、基本は外部提携業者(SEO記事作成代行業者)に丸投げすることになります。

 

SEO記事作成代行業者の基本スタイルは下記のようになっています。

  1. 文字単価は「1文字〇円」
  2. 記事の品質によってベーシックプランやプレミアプランなどがある。これは上位のプランになるほど、プロのライターと呼ばれる人が記事を書き、安いプランは主婦など副業ライターが記事を書く。
  3. ライターは自社のスタッフではなく、外部のフリーランスに依頼する(自サイトへの登録制)。

SEO記事作成代行業者に依頼するメリット

SEO記事作成代行業者に依頼するメリットは、考えられるだけで下記となります。

  1. コピペチェックをしている※優良企業に限り
  2. 自分で良質なライターを探す手間が省ける
  3. C to C だから安心できる
  4. 場合により直接会って商談できる

日本ではまだフリーランスの地位が低いため、「フリーランスよりもきちんとした企業に依頼したい」と考える会社は多くいるはずです。ただし、昨今は日本でもフリーランサーの個人事業主が多くなり、日本の労働人口の1割以上を占めるようになりました。一方、直接会って商談したい場合は、企業の方が魅力があります。個人のフリーランサーはカフェ代や移動費が経費として重くのしかかりますし、地方への出張はデメリットでしかありませんので、基本はメール、もしくはSkypeなどのビデオ通話を使って話すこととなります。

SEO記事作成代行業者に依頼するデメリット・欠点

一方でSEO記事作成代行業者を使うデメリット・欠点を考えた場合、真っ先に思いつくのは下記となります。

  1. ライターに記事を丸投げする傾向にあるので、コピペチェックをしていない可能性もある。
  2. プロのSEOライターや編集者が会社に在籍しているわけではないので、その記事が良質な記事かどうか判断できない。
  3. SEO記事作成代行業者は、仲介手数料で利ザヤを得るため、その分料金が高くなる。

私も過去に大手SEO記事作成代行業者にライター登録していました

実は、私も駆け出しだったころは、自分でHPを作ることも考えることはできませんでしたし、仕事の探し方も分からなかったため、数多くのSEO記事作成代行業者のSEOライターとし登録していました。最初はベーシックプランのライターからはじめ、やがてプレミアプランの上位ライターも経験しました。

 

しかし、SEO記事作成代行業者にはプロの編集者や校正者がいないので、結局私含むライターたちには、完成品で納品するよう指示しておりました。つまり、誤字脱字チェックすらライターにやらせ、納品してきた記事をそのまま顧客に送るということです。しかしそれも仕方ありません。プレミアのライターよりうまい記事、正しい文章を書ける人間が自社に在籍していないのですから。

 

彼らは本当に顧客とライターの仲介をするだけの業者であることが分かった瞬間、私は会社に登録するライターを辞め、自分で顧客を探すようになりました。いまからおよそ10年ほど前のことです。

SEOライティングは会社よりも個人と契約した方が安く品質が高い記事を提供してくれる

上記で説明したことをまとめてみると、「SEOライティングは会社よりも個人のSEOライターと契約した方が『安く』、『高い品質』の記事を手に入れることができる」ことが分かりました。

 

プロのSEOライターはほぼ全員がフリーランサーとして活動しており、SEO記事作成代行業者にいつも買い叩かれていることに不満を覚えています。その不満は必ず記事の品質になって表れます。「なんでこんないい記事を書いているのに、報酬が安いんだ」と考えてしまうと、途端にがんばって品質の高い記事を書く気力が失せてしまいます。それは誰だってそうですよね。

 

もし本当に自分のHP含むウェブサイトの検索順位を上げたいと考えるならば、躊躇いもなく会社ではなく個人のライターを探し、依頼するべきだと言えます。